ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スタバのコーヒーが好き。
日本にいたときはホワイトチョコレートモカ(確か今はホワイトモカ)しか飲んでいなかったけど、冷静に「あ、これ甘いじゃん」と気づいてから飲めなくなった。
今はカフェラテばかり飲んでる。
アメリカのスタバって日本のスタバよりはるかに安い。カフェラテトールが$2.75しかしない。
調子こいて飲みまくっていたらお財布に大打撃が来たけど。



白人の方2人から好意を持たれていた(る?)が、三月の終わりに白人1(23歳ロン毛)の、UCLA似通っている友達の所に遊びに行った。
27歳か28歳でグアテマラ出身の人(仮名・ギル)。日本文化と日本語と言語学を専攻しているらしい。
白人1と彼の会話はわかるんだけど早すぎて、しかも大学関係のことに話題が集中していたから特に口を挟まなかった。
そのあとUCLAを案内してもらって、彼のバイト先のスタバでコーヒーをごちそうになって、彼のバイトの時間になったからそこでバイバイした。

数日後、ギルからFacebookの申請が来た。
私はFacebookで情報を一般に公開してなくて、しかも自分の顔写真も使っていないから「よくわかったな」と思いつつ申請をOKした。
何かの流れでメッセージが来て、それからメールを続けてた。日本語や日本文化を勉強してるだけあって、日本語もわかるし話しやすい。何人かの友達が「日本語勉強してるよー」というけど、私は中途半端に日本語を混ぜられるのが好きじゃない。友人の一人に"Yesterday I talked with my 弟."と言われたときは「は?」としか言えなかった。
ギルはそんな感じではなくて、日本語なら日本語、英語なら英語で文章を統一してくれるからすごくとっつきやすかった。
一日おきにメール→毎日メール→携帯番号交換まで3日くらいだった。


一回遊ぼうよーって話になって、昨日会ってきた。
ギルはUCLAのそばに住んでいるから車を持っていないので、必然的に私が運転する羽目になる。普段なら「えぇー面倒くさい、迎えに来てよー」と駄々っ子になるけれど、今回はそんなことなかった。「よっしゃ行くか」って感じ。

ご飯食べてる時に、「そうだ、一つ言っておくけど、私白人1とは付き合っていないからね」と言っておいた。
白人1とは本当に付き合っていないし、ギルに「こいつ彼氏いるのに彼氏の友達と遊びに行くのかよ」って勘違いされるのも嫌だった。
ギルは「うん知ってる」と言った。「アリスと出かける前に白人1と話した」
どうもギルがルームメイトと話をしている時にたまたまこの話題になったらしく、ルームメイトに「白人1に一応話したほうがいいんじゃね?あとからわかって気まずくなるのもまずいっしょ」となったらしい。
そりゃそうだ、あとから遊んだってことがわかって気まずくなるよりは先に行ったほうがいいもんな~と思いつつ、白人1にわざわざ断りを入れるなんて偉いなーと思った。
白人1は私が白人2(同じパーティーで知り合った友達、20歳)と遊びに行った後「あいつのほうが好きなの?」と聞いてきたりするちょっとうっとうしいやきもち焼きさんなので、今度遊ぶとき面倒だなとちょっと思った。

ギルと話をしてると楽しい。日本の話をしたり、アメリカの話をしたり、大学の話をしたり。
彼は18で高校を卒業して、最初は働いていた。6年くらいしてから学校に通いたくなって、カレッジ→UCLAに転入した。私がアメリカに来たころにUCに移動したらしい。
そのあとバーに移動してお酒を飲んだ。アメリカに来て初めての飲酒だー…。テキーラショットに人生二回目の挑戦。今回もショットコンプリートならず。あれを飲める人を心から尊敬する。

バーで「なんで彼氏がいないの?」と聞かれた。
なんでだろうねーと言った後で、「好きって言ってくれた人は何人かいるけど、私が求める人と違ったの」と言った。
「どんな人がいいの?」「しっかり仕事してる人、ニュースとか見てる人、現実を知ってる人。夢を追うのはいいけど、口先だけで何も努力しない人は嫌」と言っておいた。白人1も白人2も見事に当てはまらない条件ばっかり。笑。
夢を追うことはいいと思うんだ。私はこれと言った夢も目標も今はないから、自分の夢を追えるひとは素直に尊敬する。ただ、「夢を追いかけること」を免罪符にして、現実から逃げている人が多い気がする。本気なら努力をするべきだし、自分が夢のために努力できないならそれは夢じゃないと思っているから。
元彼のダンも、白人1も、彼らは夢を語るだけだった。語るだけ語って、「こんな夢を持っている俺かっこいいな」って自己満足に入っている感じがした。だから白人1とはうまくいかないなと思った。

結局この日はテキーラショット半分、ギルのビールを合計三口、ロングアイランドビーチ??というカクテルを半分くらい。思ったより酔わなかったし二日酔いも意外と軽かった。酒に強くなったのか弱くなったのかわからん。
飲酒運転したくなかったし夜も遅かったからギルのアパートに泊めてもらった。私がギルのベッドを借りて、ギルはソファーで寝ていた。追い出してごめんよ。。。
朝ギルにコーヒーを淹れてもらって、スタバのコーヒー豆をもらった。豆のままだけど、スタバに持っていけば無料で引いてくれるらしい。明日行こう。


たぶんギルは私のこと少なからず好きだと思う。
年齢的なこともあるし、「落ち着いた関係を持てる人を探している」と言っていた。私も楽しいだけの関係を今さら持つ気はないし。
明日夕方からまたギルと会う。カラオケでも行くのかなー(・ё・??)

私もたぶんギルのこと少なからず好きだと思う。

どう転ぶのかな。
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 壊し屋アリス。, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。