ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


前回の日記の続き。

進むスピードが速いなあとは思っている。その自覚はある。
いつか遠距離になるから、あまりのめりこまないようにしようっていう自覚もある。

昨日ギルの家に遊びに行って、恐れていた展開になった。

ギルが将来についてほのめかし始めた。


本当なら喜ぶべきだ。
ギルはUCLAを卒業してから日本の大学院に留学して、それから東海岸の大学院に行きたいと言っていた。
でもアメリカ国籍を取ろうかなあとも考えている(厳密にはグアテマラ市民なのでアメリカ人ではない)
日本の大学は京都、東京、東北とかがあるけれど、名古屋に近い京都を選ぶつもり。

ちょっと待て。

え、私もこのビザの期限が終わったら日本に帰ることが前提??
ていうか、ついていくことが前提??てかいつまで付き合う気なの??
たぶんギルもこんな話をするのは早すぎると思っているからあえて肝心なところはぼかしたんだと思うけれど…というかそうであってほしいんだけど…

この言葉が結婚をにおわせているんだったら喜ぶべきだってのはわかる。
ただ、どうしてもまだギルの言葉を信じられない自分がいる。なんでこんなにも「またか…」と思うんだろうと疑問だったけど、会社で急に思い出した。

ダンの時にこの会話をしたからだ。

ダンと付き合っていたときはお互いに夢見心地で、ただの口約束のプロポーズを真に受けてのぼせてた。
「結婚すれば何もかも変わる」とかってに勘違いして、現実から目を向ける口実にしていた。
そのうち本性が見え隠れして、「この人と結婚していいんだろうか?」と思うようになってきた。
ダメ男だったと見抜けなかった自分に失望したし、結局ビザ目当てなんだなってわかって、傷ついた。

私はもう傷つきたくない。

たとえギルと同じ時期に私が日本に帰っても、名古屋と京都ではやっぱり遠距離恋愛になるし、私は耐えられない自信がある。
頑張って何とかなったとしても、一年後にはまたアメリカに戻って知らない土地に行って仕事を探すところから始まる。
一年間の期限で雇ってくれる会社なんてないと思う。派遣とかになれば別だろうけれど、アメリカで経験を積んだのに男のために派遣になって、それで日本にいる間に別れたらただのバカな女。

結婚の話をするには早すぎる。
将来の話をするにも早すぎる。
でも、お互いの年齢はもう結婚を見据える年齢になっている。

結婚しても彼は学生で、私が働かないといけなくて、結婚のために彼にしたいことをあきらめてもらうのは何かが違う。でもこんな状況で親が「結婚しちゃいなよ☆」なんて言うとは思えない。

出産にはタイムリミットがあると聞いた。
20代のうちに子供は産んでおくべきだと聞いた。
20代が終わるまであと五年しかない。

明日、ギルと話をしてみようか。
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 壊し屋アリス。, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。