ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


朝マナミちゃんと一緒に車会社に行った。
ここは私たちが車を購入したところで、私が前のCivicちゃんに乗っていた時からさんざん駆け込ませていただいた場所である。車が変わってからは全く用無しになっていた。

そこで私の時もお世話になった板金担当の方にお話をする。マナミちゃんはまだパニクッていたので、昨日書いてもらった事故の状況の紙を見せる。

担当者「あーこれはマナミさん全く悪くないですわ」

\(^o^)/

プロの方々にお話を聞くと、

*保険会社とか警察に電話するなと言った時点で相手は逃げている
*そこまで逃げるということは何かを隠していることだ(免許の名義が違う、保険の名義がちがうなど)
*マナミちゃんは被害者で全く悪くないので、主張するだけしていい
*修理代を支払うという約束を一筆書いてもらったらよかった←ふつうそこまで気が回らないが、これがあると非常に有利なんだとか
*車の修理代は大体2000ドル超える(バンパー、リム、タイヤ、ホイール、ドアにダメージがあるため)
*適当なところに持って行ってひどく直されるよりも、安心して治せるところに持って行った方がいい
*このようなケースは後で加害者が意見を覆す可能性が高い→だから保険会社を間に入れるべき

そして恐れていたことが。

担当者「弁護士に話してみたほうがいいかもしれない」
マナミ・私「弁護士!?」

訴訟大国のアメリカでは弁護士を付けるのは結構あたりまえなんだとか。でも気になるのはやっぱりお値段。マナミちゃんはまだ大学生なので、滞在費用はすべて親からの援助になる。マナミがその弁護士と話をして、今日の昼一時に弁護士と会うことになったので私は安心して会社に向かった。

マナミ「お金なんですけど、もし私たちが負けたら、弁護士の人お金いらないって言ってました」
私「それ、一筆書いてもらっておきな…(笑)」


ちなみに、車にいつも問題があったときに担当してくれたマネージャーさんに「今日は私じゃないですよ!!」と言ったら「わかってますよー笑」と言いつつちょっと安心していた。笑。


事故には気を付けよう…と思っていた帰り道、事故りそうになったのは内緒。
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 壊し屋アリス。, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。