ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


この間、同中にメールを送った。
「いきなり電話切ってごめんね。今ちょっと自分の気持ちがわからなくて…」
言いたいこともうまく伝えられなかったし、何が言いたいのかわからなくなったけれど送ったものだった。






「どうしたの」って聞いてほしかっただけだよ
別れたいとかじゃなくて、時々「本当に自分は必要とされてるのか」って確認したいだけだよ
「俺にはアリスが必要なんだ」って言葉を聞きたかっただけなんだよ
特に深い意味はなかった、って言ったけど、あれは半分くらい嘘だよ


元彼にやってほしかったことを、前、同中に話した。
「友達に紹介してほしい」
「連絡も私からだけじゃなくて、相手からもほしい」
「手をつないで歩きたい」
「好きだったら前に進みたい」

すべてやってくれている同中は、「私に言われたからやっている」のか、それとも「本当に自分がそうしたいからしている」のか、私にはわからない。


「愛されていることへの不安」が私の中から消えてくれない。
いつかは捨てられるんじゃないか、別れるときはどうすればいいのか。
なんでか知らないけれど、私の中でそんな不安が時々出てくる。


でも、こんなネガティブな考えを、すぐに否定してくれるあなたが好き。
「そんな考え方をアリスにさせてるのは、俺がまだまだなんだなって思う」って、自分の非を考えてくれているあなたが好き。



いつかこの人を潰してしまうのではないか、と怖くなる。
こんな面倒くさい女に縛られている彼が、時々かわいそうになる。




こんな考えをしているから、変なメールを送りつけてしまう。

彼に、はぐらかした答えを伝えるのは、もう少し先になるだろう。
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 壊し屋アリス。, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。