ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


昨日、学校で就職関係のセミナーに参加してきました。

そのセミナーは申し込めばだれでも参加できるもので、軽食が出た。
私と同じ学部の子たちも何人かいたんだけど…


留学から帰ってきたクラスメイトがいた。



2年生の時の夏に、私は同じ学科の子たちと交換留学を希望した。
オーストラリアに留学できるのは4人。申し込んだのは6人。二人落ちることが決定していた。

はっきり言って私は、絶対に留学できると確信してた。
TOEFL(留学に必要な資格)もよかったし、成績だって悪くなかった。


結局私は選考に落ちて、クラスメイトが受かった。
クラスメイトは10か月、オーストラリアの姉妹校に留学できる。特待生として彼女は旅立った。

留学に行けなかった私は、「あの子よりも英語力を磨こう。日本にいても英語力は磨ける」と考えて、約一年間TOEICの勉強をした。

留学なんて行かなくてもいい。日本でしかできないこともたくさんある。そう自分に言い聞かせて来た。


でも、昨日の交流会で彼女を見て、私の自信はなくなった。
「留学どうだった?」と友達に聞かれているのを見ると、いやでいやでたまらない。
質問に答えていたのは私だったのかもしれない、そうやって考えていた。

正直、顔も見れなかった。
見たくなかった。楽しかった10か月間をすごしてきて、これから就活を始める彼女を見ると、私はこの一年間何をしていたのだろうと考えざるを得なかった。

私はまだ就活で面接にも進んでいないし、第一志望すらも決まっていない。
彼女は10か月一人で過ごしたことが自信になって、キラキラしている。


私の前でそんな話をしないで、そんなみじめなことは言いたくない。
私の前に現れないで、そんなこと言いたくない。


4月から授業が始まる。今まで以上に彼女と顔を合わせる機会が増える。
いつまでも留学の話をされるわけじゃない。わかっているけれど、耐えられない。
彼女とまた同じ授業を受けて、顔を合わせる。




私は耐えられるの?



私は、一年かけても、



自分の心を整理できていなかった。
スポンサーサイト
















管理者にだけ表示を許可する



| HOME |

Design by mi104c.
Copyright © 2017 壊し屋アリス。, All rights reserved.






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。